HARG療法(ハーグ療法)の仕組みを解説オフィシャルウェブサイト

妊娠にまつわる抜け毛の件

男性では抜け毛というものが、良くも悪くも広く認知されているのですが、女性の抜け毛、薄毛も近年では世間一般的に認知されてきています。
抜け毛の原因の一つとして挙げられるのが、妊娠やお産です。
それまでは、特に頭髪に異変はなかったものの、妊娠初期から何やら抜け毛が多くなってきた、という経験をされた女性は数多くいると思います。
ではなぜその時期に抜け毛が多くなるのでしょうか。
それはホルモンバランスの変化です。
この変化により影響を受けて抜け毛となってしまいます。
とはいえ女性にとって髪はとってもだいじなもの。
少しでも、回復を早くしたいものです。
ではどうすればいいのでしょうか。
まずは、しっかり休息をとることです。
妊娠中はただでも体に負担がかかるもの。
さらに産後は体そのものにダメージがあります。
少しでも休んでおきましょう。
次にバランスのとれた食事をこころがけましょう。
バランスのとれた食事は体力の回復とともに、美容にも効果ありです。もし栄養が足りなさそうであれば育毛サプリ 女性用のものもおすすめです。
ご自身の髪のためにも回復のためには必須となります。

そして次は、きっちりと髪の毛(頭皮)を清潔に保つことです。
今までできていたのに、やはり体がしんどいので、髪の毛をあらうことも怠りがちになります。
余計な不潔な脂分は髪の毛の健康促進の妨げになりますので、できる限り頭皮を清潔に保つために髪の毛を駆らうようにしましょう。
そして、精神的なストレスからご自身を開放するようにしましょう。
これもなかなか難しいですが、旦那様に協力を得たりしながら半身浴をしたりして、リラックスすることに努めましょう。
以上、妊娠にまつわる髪のトラブルとその対処法でした。

 

白髪ってどうして生えるの?

年齢を重ねるとほとんどの女性が悩む白髪ですが、そもそもどうして白髪になるのでしょうか?その原因と対策を見ていきましょう。

 

まず、白髪の原因ですが、加齢によって身体機能が衰えることが主な原因です。加齢により髪の毛の色を作る色素細胞の働きが衰え、髪の毛の色素が薄くなってしまうのです。

 

白髪の生え方としては、生え変わった時に白髪として生えてくるもの、髪の毛の途中から徐々に白髪になるもの、病気などで突然白髪になるものの、3パターンがあります。どれも、髪の毛の色素を作る細胞の活動が衰えたり、停止したりすることによって起こります。

 

白髪になる原因として考えられるのは、遺伝や身体の病気などがあげられます。また、ビタミンやミネラルなどの栄養が不足したり、身体にストレスがかかったりすると、血流が悪くなって細胞の働きが衰え、白髪の原因になります。

 

また、紫外線を浴びると、頭皮がダメージを受け、色素を作る細胞に悪影響を与えるため、白髪につながります。

 

では、白髪が生えってしまったらどうすればよいのでしょうか。どんな対策があるのか見ていきましょう。

 

白髪は、髪をしっかり保湿することであまり目立たなくなります。それでも気になる場合は、白髪染めを使用するのがよいでしょう。白髪染めにはいくつか種類があります。

 

まず、カラースプレーですが、シャンプーで洗い流すことができ、髪へのダメージは少なくてすみますが、すぐに落ちてしまうというのが難点です。次に、ヘアマニキュアですが、髪へのダメージは比較的少ないですが、シャンプーで洗っているうちに2,3週間で落ちてしまいます。

 

次に、ヘアカラーですが、シャンプーで落ちることはありませんが、繰り返すと髪へのダメージが大きく、パサついたりごわついた髪になってしまうのが難点です。最後に、カラーリンスですが、髪を保湿しながら少しづつ染めるので、すぐには染まりませんが、髪にはやさしいです。

 

以上の点をふまえて、それぞれに合った対策をとるのがよいでしょう。

 

白髪は、医学的な原因がはっきりしていないため、予防は難しいですが、バランスのよい食事と適度な運動で身体の血流をよくすることが、白髪の予防にもつながりそうです。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ